置き換えダイエット 朝昼晩

朝昼晩、どの食事で置き換えればいいの?

 

置き換えダイエットを始める時、どの食事で置き換えればいいのか悩みますよね。

 

朝昼晩、無理なく置き換えて効果も高いのはどれだろう?

 

基本的にカロリーカットすることがダイエットの基本。置き換えることでどれくらいのカロリー減になるのか?

 

まずは普段の朝食、昼食、夕食の平均的なカロリーを調べてみました。

 

 

朝食

 

メニュー例
  • ウインナー+スクランブルエッグ+スープなどの洋食/約550kcal
  • ご飯+味噌汁+焼き魚などの和食/約600kcal
  • シリアル+牛乳などの軽い朝食/約360kcal

 

昼食

 

メニュー例
  • 唐揚げ弁当/約850kcal
  • なすとベーコンのトマトパスタ/約800kcal
  • カレーライス/約850kcal
  • かけそば/約310kcal

 

夕食

 

メニュー例
  • 天ぷら定食/830kcal
  • 生姜焼き定食/900kcal
  • さば味噌煮定食/750kcal
  • 刺し身定食/610kcal

 

 


夕食か昼食に置き換えるのが効果は高い

 

選ぶメニューにもよりますが、夕食か昼食が一番効果が高そうですね。

 

だけど、昼は体の動きが活発な時間帯。エネルギーも必要です。動きの多い人ほど昼食にダイエット食品で済ますのは無理があるかもしれません。

 

夜は一日の家で一番最後の食事。夕食後に特に動きの多くないライフスタイルなら夜に置き換えるのが一番効果も高くおすすめ。ただし、家族と一緒の人は自分だけ違う食事内容になってしまうのが難点。

 

朝食の置き換えは効果の面では一番下ですが、最初は朝だと取り入れやすいです。

 

昼食と夕食で普通の食事も取ると満足感もあります。置き換えダイエットが長続きしやすいです。ただし、もともとあまり朝食を食べていなかった人にとっては、朝に置き換えるメリットは無いかもしれません。

 

最初は無理しないのが大事

 

結局は自分のライフスタイルに合わせて決めるのが一番。効果の高さだけで昼食や夕食と決めても、自分の生活スタイルに合わなければ続けられないし、ダイエット自体が頓挫しちゃうことも。

 

ダイエット食品の各メーカーでも、最初は1日1回朝の置換えを推奨しています。
まずは、やってみてから決めてもいいかもしれませんね。