痩せにくい 年齢 改善

年をとると痩せにくいって思いませんか?

 

管理人も経験があるのですが、30代も半ばを過ぎてくると数年前にやったはずのダイエット方法が通用しなくなってきます。同じように運動しても食事制限しても痩せない。

 

 

「あれ?前はこうすれば痩せたのに・・。」って自分に裏切られたような気持ちになります。「年をとるってこういうこと?」とショックを受けたり(笑)

 

 

頑張ってるつもりなのに痩せないアラフォーからのダイエット

 

 

よく「年取ると代謝が落ちるから若いころと同じように食べてたら太るよ。」って聞きますよね。

 

 

これは話には聞いていて知識として持ってはいたのですが、自分自身で実感できるまでは「あーはいはい。」くらいの感じで聞いていました。それがまさに自分にその時が来てようやく理解したんですね。

 

 

いやーホントでした(汗)

 

 

ほんと痩せにくいです。ちょろっと食事制限してちょろっとウォーキングとかしても微動だにしないですから、私の体重。

 

 

20代の頃は夜中にお酒を飲んでただけで痩せていきましたからね(オイ)今じゃそんなことしたら大変なことになります(笑)

 

 

 


どうすれば改善できる?加齢が原因の「痩せにくさ」

 

もうこれも「耳タコ」状態の私達アラフォーダイエッターですが、「代謝を上げれば痩せやすく」なります。

 

 

そんなの知ってるわ!とぶん投げたくなりますが(笑)、「代謝をあげるには?」をもう一度おさらいします。

 

筋肉を増やす

 

 

 

基礎代謝が高い人は筋肉量が多いです。女性よりも男性の方が基礎代謝が高い。筋肉は体に存在するだけでカロリーを消費してくれます。

 

 

筋肉が多い人は体温も高いです。女性で冷え性で平熱低いって人、やはりいちばん太りやすいのです。体は冷えれば冷えるほど防衛本能が働いて皮下脂肪を貯めこむことになります。そうしてどんどん脂肪が増えていくのですね。

 

 

筋肉量を増やすには、筋トレが一番です。女性の場合、よほどハードにやらなければムキムキになることはないので大丈夫。

 

 

血流を改善する

 

 

血流が悪くなるのはやっぱり運動不足です。運動不足から冷えも始まります。血流が良くなれば代謝も改善されます。運動以外にもストレッチやマッサージも効果的です。

 

 

運動不足以外に血流が悪化してしまう原因に、就寝前の飲食もあります。夜遅くに食べたり飲んだりすると、消化するために胃や腸が活発に働く事になります。眠っている間にこの内臓の消化活動があると、血液がそこに集中してしまい体が温まりません。

 

 

睡眠中に疲れが取れないまま目覚めることになり、体調もすぐれないままになってしまいます。そうするとストレスも溜まり、血流をコントロールしている自律神経の調子も悪くなります。

 

 

ダイエットにも体と心の健康にも悪い影響があるので、寝る前の飲食はぜひとも控えたいものですね。

 

酵素を積極的に取る

 

 

 

酵素って最近良く聞きますよね。酵素は人間の体の中にもともとあるもので、年齢とともに減少します。酵素が不足すると食べ物が上手く消化できなくなり、栄養をうまく吸収出来ないので栄養不足になります。代謝が悪くなり、脂肪が増えたり肌荒れや便秘にもつながります。

 

不足している酵素を補うには、酵素が豊富に含まれている、生野菜や発酵食品を積極的に摂取しましょう。

 

 

とはいえ、生野菜や発酵食品があまり好きではなかったり、忙しくて意識して摂取するのが難しい人もいますよね。

 

 

そんな人のために便利なのが最近ブームの「酵素ドリンク」です。酵素ドリンク以外にも、グリーンスムージーなどが「酵素入り」と謳っています。

 

 

当サイトでも酵素ドリンクとグリーンスムージーの紹介をしています。

 

酵素補充やプチ断食目的なら「酵素ドリンク」
置き換えダイエットと同時に酵素の摂取も、と考えるなら「グリーンスムージー」

 

がオススメです。

 

 

酵素ドリンクのおすすめランキング

粉末グリーンスムージーのおすすめランキング